中国大連甘井子区泉水2#ビルP5ゾーン

すべてのカテゴリ
EN
電話

+86-411-39641370

メールを送る

vicente@konsond.com

M2 1.3343 SKH9

ホーム>製品>ハイスピードスチール>M2 1.3343 SKH9

ハイス丸棒

連絡先

仕様

M2 High Speed Steel (M2) is a tungsten-molybdenum high speed steel with a well balanced composition suitable for a wide variety of applications.  World wide, the M2 type is by far the most popular high speed steel having replaced T1 high speed in most applications because of its superior properties and relative economy.

用途:Twist drills, taps, milling cutters, reamers, broaches, saws, and knives.

コンポジション

C Mn Si Cr W Mo V
0.850.280.304.156.155.001.85


相対的特性

1492426826144581

熱膨張係数(65-66 HRC)

温度︒F

インチ/インチ︒F×10-6

温度︒C

mm/mm︒C×10-6

70-200

5.69

21-93

10.23

70-400

6.09

21-204

10.95

70-600

6.42

21-316

11.55

70-800

6.67

21-427

12

70-1000

6.97

21-358

12.54

物理的特性

· 密度: 0.294 lb/in3 (8138 kg/m3)

・比重:8.14

· 弾性率: 30 x 106 psi (207GPa)

· 被削性: 50% 炭素鋼の 60 ~ 1%


1492427347894659


熱処理手順

硬化

臨界温度:

Ac1:1530°F(832℃)

Ac3:1610°F(877℃)

AR1:1430°F(777℃)

AR3:1380°F(749℃)

予熱: 大型または複雑な工具の歪みや応力を最小限に抑えるには、400 回の予熱を使用します。 222 時間あたり 1100°F (593 時間あたり 1450°C) を超えない速度で 1550°F (788°C) まで加熱し、均質化してから 843 ~ XNUMX°F (XNUMX ~ XNUMX°C) まで加熱します。 通常の工具の場合は、XNUMX 回の予熱処理として第 XNUMX 温度範囲のみを使用します。

オーステナイト化(高熱): 予熱から急速加熱します。
切削工具の場合:
炉: 2200-2250°F (1204-1232°C)
塩: 2175-2225°F (1191-1218°C)
靭性を最大化するには、最低温度を使用してください。
高温硬度を最大にするには、最高温度を使用します。
最大限の要求を必要とするパンチ、ダイ、ツールに
高温硬度を除いた靭性:
炉: 2075-2175°F (1175-1191°C)
塩: 2050-2150°F (1121-1177°C)

焼き入れ: 加圧ガス、温かい油、または塩。 加圧ガスの場合、望ましい特性を得るには、1000°F (538°C) 未満までの急速な急冷速度が重要です。 油の場合、約 900°F (482°C) で黒色になるまで急冷し、その後静止空気中で 150 ~ 125°F (66 ~ 51°C) まで冷却します。 塩を 1000 ~ 1100°F (538 ~ 593°C) に維持した場合は、均一にし、静止空気中で 150 ~ 125°F (66 ~ 51°C) まで冷却します。

テンパリング: 焼入れ後すぐに焼き戻しを行ってください。 一般的な焼き戻し範囲は 1025 ~ 1050°F (552 ~ 566°C) です。 この温度で 2 時間保持し、その後周囲温度まで空冷します。 ダブルテンパリングが必要です。 断面が大きい場合、特にワイヤ EDM で工具を切断するブランクの場合は、XNUMX 回の焼き戻しを強くお勧めします。

アニーリング

熱間加工後、再硬化前に焼きなましを行う必要があります。

400 時間あたり 222°F (1525 時間あたり 1550°C) を超えない速度で 829 ~ 843°F (1 ~ 25.4°C) まで加熱し、厚さ 2 インチ (50 mm) あたり 28 時間、その温度で 1000 時間保持します。最小。次に、炉を使用して 538 時間あたり 248°F (XNUMX 時間あたり XNUMX°C) を超えない速度で XNUMX°F (XNUMX°C) までゆっくりと冷却します。炉内または空気中で周囲温度まで冷却を続けます。得られる硬度は XNUMX HBW 以下でなければなりません。


アイテム価格寸法(mm)プロセス配送条件
丸棒DIA1.0~30冷間引抜・センタレス研削ブライト&アニール
DIA20~80ピーリングブライト&アニール
直径13-180つや出し黒色表面とアニール
直径70~400つや出し黒色表面とアニール
平らな棒T3.0-20 XW20-100つや出し黒色表面とアニール
ブロックT 20-200 X 300-800熱間圧延および熱間鍛造黒色表面/機械加工およびアニール
線材直径5.5~13つや出し黒色表面とアニール
シートT1.0~2.5冷間圧延黒色表面とアニール
T2.5~8.0つや出し黒色表面とアニール
連絡先