中国大連甘井子区泉水2#ビルP5ゾーン

すべてのカテゴリ
EN
電話

+86-411-39641370

メールを送る

vicente@konsond.com

L2 1.2210

ホーム>製品>冷間工具鋼>L2 1.2210

冷間工具鋼マットNo. 1.2210、DIN 115CrV3、AISI L2 丸棒

連絡先

仕様

規格による指定

マット。 番号。DINENAISI
1.2210115CrV3-L2

化学成分(重量%)

CSiMnCrMoNiVWその他
1.170.230.300.65--0.10--

説明:

低合金冷間工具鋼。

アプリケーション:

スパイラルドリルおよびタップドリル、ブローチ工具、彫刻工具、エジェクター、メタルソー。 

常温における物性値(平均値)

弾性率 [103 x N/mm2]: 210 

密度 [g/cm3]: 7.80

熱伝導率[W/mK]:33.5、32(500℃)、31(700℃)

電気抵抗率 [オーム mm2/m]: 0.33

比熱[J/gK]: 0.46

線熱膨張係数 10ˉ6 °C-1

20-100°C20-200°C20-300°C20-400°C20-500°C
11.812.512.913.513.7

軟化焼鈍:

710~850℃まで加熱し、炉内でゆっくり冷却。 これにより、最大ブリネル硬度 223 が生成されます。

応力緩和:

加工応力を除去するための応力緩和は、約 650 ℃に加熱して行う必要があります。 XNUMX30℃に加熱し、1〜2時間保持した後、空冷した。 この操作は熱処理時の歪みを軽減するために行われます。

硬化:

780~820℃、800~840℃の温度で硬化し、その後水または油で焼き入れします。 焼入れ後の硬度は64~66、64~66HRCです。

テンパリング:

焼き戻し温度:100~400℃。

焼き戻し温度 (°C) 対 硬度 (HRC)

100°C200°C300°C400°C450°C
6463595447

鍛造:

熱間成形温度: 1050-850°C. 

被削性:

データなし。

耐食性 :

これは合金鋼であり、耐食性はありません。 保護しないと錆びてしまいます。

アイテム価格外形寸法(mm)プロセス配送条件
丸棒DIA1.0~30冷間引抜・センタレス研削ブライト&アニール
DIA20~80ピーリングブライト&アニール
直径13-180つや出し黒色表面とアニール
直径70~400つや出し黒色表面とアニール
平らな棒T3.0-20 XW20-100つや出し黒色表面とアニール
ブロックT 20-200 X 300-800熱間圧延および熱間鍛造黒色表面/機械加工およびアニール
線材直径5.5~13つや出し黒色表面とアニール
シートT1.0~2.5冷間圧延黒色表面とアニール
T2.5~8.0つや出し黒色表面とアニール


連絡先