中国大連甘井子区泉水2#ビルP5ゾーン

すべてのカテゴリ
EN
電話

+86-411-39641370

メールを送る

vicente@konsond.com

D2 1.2379 SKD11

ホーム>製品>冷間工具鋼>D2 1.2379 SKD11

冷間工具鋼 D2 1.2379 SKD11 丸棒

連絡先

仕様

D2 steel round bar can be used to produce cold work mold with a large cross-section, complex shape, high impact force, and high wear resistance. It also is called DIN 1.2379 and JIS SKD11 steel. It is a high-carbon and high-chromium cold work mold steel. It is widely used in the world. It has high hardenability and the high-temperature oxidation resistance is good. The anti-corrosion ability is good after quenching and polishing, and the deformation is small after the steel heat treatment. 


アプリケーション:

1.2379 steel is used for blanking or forming dies, thread rolling dies, shear knives, food-processing knives, gauges, punches and etc.


コンポジション

C
MnSi
Cr
Mo
VC
1.50
0.300.30
12.000.75
0.90
1.50


仕様:

D2鋼丸棒熱処理

熱処理

DIN 1.2379 鋼合金は 815℃ (1500°F) まで非常にゆっくりと予熱する必要がありますが、温度は 1010oC (1850°F) まで上げることができます。 次に、1010oC (1850°F) で 20 ~ 45 分間保持し、空冷 (空気急冷) します。


アニーリング

1.2379 工具鋼材料の焼きなましは、871 ~ 898°C (1600 ~ 1650°F) で実行し、その後 4.4 時間あたり 40°C (XNUMX°F) 以下でゆっくりと炉を冷却し、その後冷却速度を上げることができます。 同時に、過度の浸炭や脱炭を防ぐための措置を講じる必要があります。


応力緩和

ゆっくりと 1050°~1250°F まで加熱し、均一になるまで放置してから、静止空気中で冷却します (歪み緩和)


硬化前の予熱

1350°~1450°Fまでゆっくりと予熱し、鋼1.2379鋼材が均一に加熱されるまでこの温度を維持します。


丸棒

仕様:直径最大800mm。 長さ:最大6m

表面: 黒、皮むき、機械加工 (旋削)、研磨 (研磨)•


アイテム価格外形寸法(mm)プロセス配送条件
丸棒DIA1.0~30冷間引抜・センタレス研削ブライト&アニール
DIA20~80ピーリングブライト&アニール
直径13-180つや出し黒色表面とアニール
直径70~400つや出し黒色表面とアニール


連絡先